デイトレーダーとして生活する人達

デイトレーダーとして生活する人達は存在します。そしてその生活している勝ち組トレーダーはそう多くありません。現在も勝ち続けている、勝ち組デイトレーダーとして生活している人のブログだけを集めました。

デイトレードの売買テクニックを上達させるには

株式投資の初心者の中には、「模擬売買」で練習する人がいます。模擬売買とは、一種のシミュレーションで、相場を見ながら疑似体験するわけです。とうぜん、資金は使いません。
一般的に、模擬売買では上達しないといわれています。私も、そのとおりだと思います。シミュレーションでは、自分の注文が約定したかどうかわからないときがあります。たとえ
ば、200円で買い注文を出したとしても、他のトレーダーの注文も入っているわけですから、株価が200円になっても、自分の注文が約定したとはかぎりません。200円の買い注文が
すべてなくなれば、べつですが。いい方は悪いかもしれませんが、所詮はシミュレーション。実践の売買とはかけ離れています。本書の中で模擬売買はすすめていません。私がすすめたのは最低売買単位での1円抜きです。模擬売買は資金を使わないわけですから、リスクはありません。1円抜きは最低売買単位でも、リスクがあるわけです。私は、本書を読んだデイトレード未経験者が練習として行う最初の、最低売買単位による1円抜きで、わずかな損失が出ても、それはそれでいいと思っています(もちろん、利益が出たほうがいいのですが)。デイトレードを続けるかぎり、遅かれ早かれ、「損失が出る」ということを経験するわけです。そのときに得た、緊張感や恐怖感を覚えてほしいのです。その緊張感や恐怖感が売買を慎

重にし、またロスカットなどの対処を的確に行えるようにします。つまり、緊張感や恐怖感のない模擬売買では、テクニックが上達しません。上達したとしても限定的で、実践の売買をは
じめれば、模擬と実践のギャップで戸惑うはずです。では、実践以外にテクニックを上達させる手段はないのでしょうか。あります。それは、プリントアウトした分足チャートを見ることです。それを使って模擬売買をするわけではありません。様々な銘柄のチャートを集め、その動きを見ることにより、株価の動きが読めるようになるのです。
「こういったところで陰線が出たら上がるのか」「ここで出来高が多くなると下がるのか。ということはカラ売りか」といったように、仕掛けるタイミングが見えてきます。これは、実際の売買で必ず活きてきます。チャートの数は多いほどよいので、売買した銘柄だけでなく、よく動いた銘柄のチャートはプリントアウトしておきましょう。

海外業者で人気のBO業者

公開日:
最終更新日:2016/04/29