デイトレーダーとして生活する人達

デイトレーダーとして生活する人達は存在します。そしてその生活している勝ち組トレーダーはそう多くありません。現在も勝ち続けている、勝ち組デイトレーダーとして生活している人のブログだけを集めました。

株式取引では自動的に税金を差し引いていく特定口座

   

株式取引では自動的に税金を差し引いていく特定口座が存在するのですが、FX取引では特定口座がまだ存在しないため、税務署に自分で税金を納める必要があります。でも、計算間違いやうっかり忘れたりして脱税してしまう不注意が増えています。税率が株式と同等程度となったFXの場合でも特定口座制度の設立が期待されています。FXでは取引を重ねていくごとにだんだんと負担になってくるのがポジションを持つ時にかかるスプレッドなのです。このコストはパッと見ると微量でたいした額じゃないように見えても、主流となった短期取引のケースだと取引の回数が多い分、ちりも積もれば山となっていくのです。ですので、最初の業者を選ぶときにスプレッドを重要視するのはすごく大事なこととなります。FXによる取引をする際、業者が用意したツールを使えば移動平均線が絶対といっても、過言でないくらい見れるようになっています。一番単純でトレンドを把握するには大事なテクニカルツールです。慣れることで、一目均衡表などを使用したりしますが、基本は移動平均線が誰でも見ている大切なツールです。外国為替証拠金取引で使えるテクニカル指標として数多くの方が活用されているのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。視覚的に、トレンドの規模とトレンドの方向が理解しやすく、トレンドが出現したらエクスパンション(バンド拡大)が発生するので、トレンドフォローの取引に向いています。さらに、バンドの収縮はトレンドが終了する兆候として利用することができます。最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、FX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。家でノートやデスクトップを起動させてそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、場所や時間にとらわれることなくFXができるのは大変なメリットです。スマホで使えるチャートアプリなどもかなりよいものが出てきていますので、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。この先はもっとスマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人は増加する一方だと予測されます。

 - 投資の危険性